ベルブランの効果を最大限に発揮する裏技的な使い方

ニキビ跡を改善しようと思ったらベルブランのようなニキビ跡専用の美容液の使用がおすすめです。

しかしベルブランの口コミを見ていると

  • なかなか効果が表れない
  • 全く効果が表れない

といったような低評価の口コミを見つけることができます。

とはいってもベルブランで効果を感じた人がいるのは事実です。

ベルブランで効果を実感した人と実感できなかった人、これらは何が違うのでしょうか?

今回はベルブランの効果を最大限に発揮する裏技的な使い方紹介していきますね。

ベルブラン

ベルブランで効果を発揮する時間

効果を最大限に発揮する使い方の紹介の前に、ベルブランで効果を発揮するにはある程度の時間が必要ということをお伝えします。

口コミを見てもわかることなのですが、ベルブランの効果を発揮するためにはある程度の時間は必要になってきます。

この時間というには人それぞれ違うのですが、だいたい3ヶ月が目安となります。

ニキビ跡として出来た色素沈着やシミを改善するためにはターンオーバが必要です。ターンオーバーを数回繰り返して新しい皮膚を生成しシミを改善します。

このターンオーバーは年齢やニキビ跡の状況により前後しますので、ベルブランで効果を実感するためには3ヶ月の期間が1つの目安になるのでは無いかと思われます。3ヶ月は長いと思われる人も多いかと思いますが、3ヶ月経っていきなりシミや色素沈着が改善出来るのではなく、徐々に変化が現れますので3ヶ月間効果が全く見えないというわけではありませんのでご安心ください。

ベルブランの効果を発揮する2つの使い方

でもどうせ使うなら早く効果を感じたいですよね?

そこでおすすめなのが以下2つの使い方です。

  • イオン導入でベルブランを高浸透
  • 2日に1回コットンパックで高浸透

ベルブランは美容液ですので、ベルブランの効果を実感するためには、皮膚にベルブランが浸透する必要があるのです。いかに多くの美容成分を肌に浸透できるかが鍵となります。

そんな浸透させる方法として2つの使い方が出来るのです。

ベルブランを使い初めた初めの2週間を、2日に1回コットンパックを使って浸透させてあげることで効果を最大限に発揮出来ます。またイオン導入器で浸透させてあげるのも効果的です。肌には外菌から守るためのバリア機能があり、良くも悪くもベルブランの浸透を妨げてしまっています。このバリア機能を突破するためにイオンの力を借りるわけです。イオン導入をしなければベルブランの効果を感じられないというわけではありませんのでご安心ください。

>>ベルブランはモニターを探す意味なし!効果が出る期間の秘密<<

7月 21, 2019