ベルブランと脂性肌の関係性|脂性肌でも使って大丈夫?

ベルブランを使う方には乾燥肌の方や脂性肌の方など様々な肌タイプの人がいるかと思います。

となると、

ベルブランは保湿効果が高いから乾燥肌の人には良いかも!でも脂性肌だと良くない?

そんな疑問が出てきますよね。今回はベルブランと脂性肌の関係性について紹介していきます。脂性肌はベルブランを使っても大丈夫なのでしょうか?

ベルブラン

結論をいうと、ベルブランは脂性肌でも使うことが出来ます。でも保湿成分が多く配合されているベルブランはなんだから脂性肌にはよく無さそうですよね。実はその逆で、脂性肌だからこそベルブランは良い美容液でもあるのです!

もう少し詳しく解説すると、脂性肌と乾燥の関係性についてお話しなければいけません。

脂性肌なのに乾燥?わけがわからなくなってきた…

そんな声も聞こえてきそうですが、脂性肌の方のお悩みである皮脂は乾燥がトリガーとなり発症しているのです。

まず初めに肌に保湿力がなくなると皮膚が乾燥してしまいます。乾燥すると肌のバリア機能がなくなってしまうため、その乾燥を防ぐために皮脂が分泌されます。そして脂性肌が出来上がるのです。

乾燥→乾燥を防ぐために皮脂が分泌→脂性肌

といった流れになっているのです。

脂性肌の逆である乾燥肌の人は、

乾燥→乾燥を防ぐ皮脂が分泌されない→乾燥肌

といった流れになっているのです。

実は乾燥肌も脂性肌も元をたどれば”乾燥”が原因になっていることが分かりますね。このことからも乾燥を防ぐ保湿は重要ということが分かりますね。

ベルブランは保湿成分が多く配合されていることで有名ですので、乾燥肌の方に注目されがちですが、脂性肌の方でも使える美容液だということが分かります。

でも脂性肌だからベタベタするのが嫌!

といった方も多いかと思います。ベルブランはそんな方でも使えるように、ベタベタした肌触りではなく、比較的サラッとした肌に馴染みやすいものになっていますので、脂性肌の方であっても乾燥肌の方であっても使いやすいニキビ専用美容液となっています。

また、ベルブラン使用後には化粧水や美容液での保湿は重要です。

脂性肌なら保湿はしなくていいと思われがちですが、ここまで読んだ方なら分かるかと思いますが、脂性肌であっても、脂性肌こそ保湿は重要になってきます。

ベタベタするのが嫌でしたらサラッとした肌触りの化粧水を選んで保湿をするようにしてください。

ニキビやニキビ跡だけでなく、肌にとって保湿は重要な要素になってきます。

>>ベルブランはモニターを探す意味なし!効果が出る期間の秘密<<

5月 6, 2019